信長の野望(読み)のぶながのやぼう

知恵蔵miniの解説

信長の野望

戦国時代をテーマとした歴史シミュレーションゲーム。発売元は株式会社コーエーテクモゲームス。プレイヤーは大名家の当主となり、天下統一を果たして戦国の世を終わらせる。1983年に初代が発売され、2009年までにシリーズ13作を発売している。13年、30周年記念作となるシリーズ最新作をPS3版とPC版の2機種で年内に同時発売すると発表された。

(2013-5-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

信長の野望

光栄マイコンシステム(現コーエーテクモゲームス)が発売するゲームソフトのシリーズ。歴史シミュレーションゲーム。1983年4月にパソコン用が発売。1996年に「信長野望 リターンズ」としてセガサターンプレイステーションに移植。シリーズはほかに「信長の野望・全国版」「信長の野望 天翔記」など。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信長の野望の関連情報