コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉谷渓司 くらたに けいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉谷渓司 くらたに-けいし

?-? 幕末-明治時代の陶工。
出石(いずし)磁器の産地但馬(たじま)(兵庫県)出石で,安政(1854-60)のころ個人窯をきずき,渓司焼といわれた。明治25年ごろまでつづけた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

倉谷渓司の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android