コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出石 いずし

4件 の用語解説(出石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出石
いずし

兵庫県北部,豊岡市南部の旧町域。出石盆地にある。 1889年町制。 1957年室殖村,小坂村,神美村の3村と合体して町制。 2005年豊岡市,城崎町,竹野町,日高町,但東町の1市4町と合体して豊岡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いずし〔いづし〕【出石】

兵庫県北東部、出石郡にあった町。もと仙石(せんごく)氏の城下町。縮緬(ちりめん)などを産する。平成17年(2005)に豊岡市と合併、同市の一部となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いずし【出石】

兵庫県北東部、豊岡市の地名。出石縮緬ちりめん・出石焼などの伝統産業がある。城下町時代の町並みが残る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出石
いずし

兵庫県北東部、出石郡にあった旧町名(出石町(ちょう))。現在は豊岡(とよおか)市の中央部を占める一地区。旧出石町は1889年(明治22)町制施行。1957年(昭和32)室埴(むろはに)、小坂(おさか)、神美(かみよし)の3村を合併。2005年(平成17)豊岡市に合併。国道426号、482号が通じる。円山(まるやま)川の支流出石川のつくる河谷盆地に立地し、出石神社の祭神、但馬(たじま)の開発神天日矛(あめのひぼこ)の伝説や条里遺構、9世紀初頭まで但馬国府など開発の歴史は古い。14世紀からは、山陰地方を押さえた山名(やまな)氏が本拠を置き、江戸時代中期からは仙石(せんごく)氏5万8000石余の城下町として栄えた。明治以後は、鉄道を避けたため繁栄を豊岡市に譲ったが、史跡や町並みに城下町のおもかげを残し(重要伝統的建造物群保存地区)、「但馬の小京都」とよばれている。農業のほか白色磁器の出石焼(伝統的工芸品)、丹後縮緬(たんごちりめん)系統の但馬縮緬、柳行李(ごうり)、鞄(かばん)などの(きりゅう)製品があり、皿そばが名物である。旧町役場付近に建つ時計台の辰鼓櫓(しんころう)は町のシンボルとなっており、かつては辰(たつ)の刻に太鼓を打って時を知らせた櫓(やぐら)であった。武具、民俗資料を展示する史料館などがある。[大槻 守]
『荒井季雄著『郷土誌出石』(1980・名著出版) ▽『出石町史』全5冊(1984~1995・出石町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出石の関連情報