コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個包装 コホウソウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ほうそう〔‐ハウサウ〕【個包装】

商品を一つ一つ別々に包装すること。また、そのように包装されたもの。個装
[補説]例えばキャンディーを複数袋に詰めて販売する場合、商品を保護する、接触による癒着を防ぐ、食べやすくする、見栄えをよくするなど、さまざまな目的で個包装が利用される。また、「1個包装(約30グラム)当たり」などとして、キャンディー1粒の栄養成分表を示すこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

個包装の関連キーワード雪印北海道バター ホイップ(ミニカップ)雪印 ガーリック&バター(ミニカップ)舞妓はんのおこしらえ湯 豆乳泡風呂明治カマンベール入り 6Pチーズ雪印北海道100クリームチーズ雪印 くちどけスモークチーズ雪印 北海道スキムミルク気分上々ゴールデン風呂ちょっとほろ酔い風呂メンズファイヤーバス4色アニバーサリーぷるるんコラーゲンクラフト6PチーズワンタッチコアレススキすきBATHバニラミルクバス超!熱烈汗激風呂シャーベットバス雪印北海道バターバナナミルクバス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

個包装の関連情報