接触(読み)せっしょく

精選版 日本国語大辞典「接触」の解説

せっ‐しょく【接触】

〘名〙
① 近づいて触れること。触れ合うこと。〔工学字彙(1886)〕
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉二「自分の世界と現実の世界は一つ平面に並んで居りながらどこも接触(セッショク)してゐない」
② 人が他の人と交渉を持つこと。また、他の世界や領域と交渉を持つこと。
※食堂(1910)〈森鴎外〉「其頃種々な人に接触(セッショク)した結果、無政府主義になったのださうだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「接触」の解説

接触

米国の作家パトリシア・コーンウェルのベストセラー小説(1997)。原題《Unnatural Exposure》。「検屍官ケイ」シリーズ第8作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「接触」の解説

せっ‐しょく【接触】

[名](スル)
近づいて触れること。触れ合うこと。「手と手が接触する」「接触事故」
他の人と交渉をもつこと。「外部との接触を断つ」「内密のうちに接触する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android