倚閭(読み)いりょ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「倚」はよりかかる、「閭」は村里の入口の門の意) 村の入口の門によりかかって母がわが子の帰りを待ち望むこと。〔戦国策‐斉策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android