村里(読み)ソンリ

  • むらざと

大辞林 第三版の解説

むらざと。村落。村邑そんゆう
いなかで人家が集まっている所。村落。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 むらざと。村。村落。村邑。村閭(そんりょ)
※性霊集‐一(835頃)贈野陸州歌「時々来往人村里、殺食千万人与牛」
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一「昼は村里(ソンリ)に入て乞食し、夜は寺舎の傍に臥す」 〔神異経‐中荒経〕
〘名〙 田舎で人家の寄り集まっているところ。村。村落。
※書紀(720)仁徳一一年四月(前田本訓)「海潮(うしほ)逆上(さかのほ)て、巷里(ムラサト)船に乗り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村里の関連情報