コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側芽 ソクガ

デジタル大辞泉の解説

そく‐が【側芽】

茎の側方から出る種子植物では葉の付け根から出ることが多く腋芽(えきが)ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくが【側芽】

茎軸の側方にできる芽。 ⇔ 頂芽

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の側芽の言及

【生長点】より

…1本の枝は一つの苗条であり,茎頂は枝の伸長に中心的な役割をもつ。しかし茎頂が枯れるなどのため,茎頂がなくなっている枝も多く,このような枝の先端部では伸長が起こらなくなるが,この場合には側芽(腋芽(えきが)),すなわち新しい苗条がつくられて,この苗条の茎頂がもとの苗条の茎頂にかわって活動するようになることが多い。また,もとの苗条の茎頂が活動する一方で,腋芽の茎頂も活動して側枝を伸ばすときは,主軸と側軸からなる枝分れをもつ植物体となる。…

【芽】より

…広く一般的に植物体の一定部位に発生することがきまっているものを定芽,それ以外のものを不定芽という。
[定芽]
 苗条(シュート)の頂端にある頂芽と,苗条の側方につくられる側芽とがある。頂芽は苗条の先端にある未発達の部分であり,その苗条自体の延長部をつくることになるから新しい苗条ではないが,頂芽以外の芽はすべて新しい若い苗条である。…

※「側芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

側芽の関連キーワードササウオタマバエ(笹魚玉蠅)ひこばえ(再生イネ)メキャベツ(芽甘藍)トネリコバノカエデサイトカイニンワタ(綿/棉)分げつ(分蘖)植物ホルモンクンシラントガリバガオーキシンヤマナラシ頂芽優生キャベツドロノキハクヨウヤチダモムシカリ形態形成アサガラ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android