側方(読み)そくほう

精選版 日本国語大辞典の解説

そく‐ほう ‥ハウ【側方】

〘名〙 前後の方面に対して、左右の方面。わき。側面。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉相撲の沿革と故実「先づ両手を挙げて拍手(かしはで)を二つ打ち其儘右の手を平に側方(ソクハウ)に伸ばし左の手は曲げて乳の下に構へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そく‐ほう〔‐ハウ〕【側方】

前後の方向に対して、左右の方向。わきの方。

そば‐ざま【方/側様】

[名・形動ナリ]
かたわらの方。側面。
「この童、鼻をひんとて、―に向きて鼻をひるほどに」〈宇治拾遺・二〉
正義や道理に背きはずれること。また、そのさま。
「されば―なるわろき心得なり」〈蓮如御文章

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android