葉腋(読み)ようえき

精選版 日本国語大辞典「葉腋」の解説

よう‐えき エフ‥【葉腋】

〘名〙 に付着する部分の上部で、ができる場所。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉三「葉の幹に附着せる上際に稍々窪みたる処あり之を葉と名け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「葉腋」の解説

葉腋
ようえき
axil

葉と葉のついている茎とのまたになった部分をいう。通常枝は,この部分に生じた芽 (腋芽) が伸長してできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「葉腋」の解説

よう‐えき〔エフ‐〕【葉×腋】

葉が茎と接している部分。葉の付け根。ふつう、この部分の茎側から芽が出る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android