コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傅き カシズキ

デジタル大辞泉の解説

かしずき〔かしづき〕【×傅き】

大切に世話をし、育てること。愛護。
「人ひとりの御―に、とかく繕ひたてて」〈桐壺
世話をする人。介添え。守(も)り役。
「宮の五節(ごせち)出ださせ給ふに、―十二人」〈・九〇〉
傅(かしず)き娘」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かしずき【傅き】

大切に世話をすること。 「あけくれの御-も心にかなふやうもや/源氏 松風
世話をする人。介添え役。 「宮の五節いださせ給ふに-十二人/枕草子 90

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

傅きの関連キーワード枕草子介添え愛護世話

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android