コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介添え カイゾエ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぞえ〔‐ぞへ〕【介添え】

[名](スル)《「かきそえ」の音変化》
そばに付き添って世話をすること。また、その人。
結婚式で、新婦に付き添って世話をすること。また、その役の女性。昔はその女性が実家から新婦についてゆき、里帰りまでその身辺の世話をした。
[補説]「介」は当て字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいぞえ【介添え】

( 名 ) スル
人に付き添って、その世話をすること。また、その人。 「花嫁の-をする」 「 -役」
嫁入りの時、新婦に付き添っていく年輩の女性。 「よめを送れば、-・お乳は帰り帰り/浮世草子・織留 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

介添えの関連キーワード掻い繕ひ・搔い繕ひgroomsmen県内の合併第2幕アンナ・ペレンナ合併の旧法と新法変性(生化学)チーフセコンドブライズメードデーバラージャ歌舞伎の用語茶屋小四郎シャペロン歯科助手藤原豊子合併新法バヤール日野業子土俵入り控え力士送り込み

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介添えの関連情報