像面位相差AF(読み)ゾウメンイソウサエーエフ

デジタル大辞泉の解説

ぞうめんいそうさ‐エーエフ〔ザウメンヰサウサ‐〕【像面位相差AF】

オートフォーカス(AF)カメラの測距方式の一。イメージセンサーを構成する画素位相差AFと同様の測距センサーを組み込んだもので、測距時間が短く、イメージセンサー上の任意の箇所で測距できる。動画撮影時においても随時焦点を合わせることが可能。ミラーレス一眼カメラをはじめとするデジタル一眼レフカメラに採用される。撮像面位相差AF

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android