元文豆板銀(読み)げんぶんまめいたぎん

精選版 日本国語大辞典の解説

げんぶん‐まめいたぎん【元文豆板銀】

〘名〙 江戸時代、元文元年から発行された銀貨。重量不定、品位は千分中銀四六〇。〔金銀図録(1810)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android