コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学距離 こうがくきょりoptical distance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光学距離
こうがくきょり
optical distance

光路ともいう。光が媒質中を通るとき,その媒質の屈折率 nと通過距離 lとの積 nlのこと。これは同じ時間内に光が真空中を進む距離と等価なので,2つの光波の干渉に関してそれぞれの位相を考えるのに便利な値である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうがく‐きょり〔クワウガク‐〕【光学距離】

光路長

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光学距離の言及

【フェルマーの原理】より

…フェルマーの原理を基に光の直進,反射および屈折の法則が導出される。光の経路sに沿った屈折率nの積分を光路程,または光学距離optical distanceというが,これは,光がその経路を通過するのに要する時間と真空中の光速度との積に等しい。したがって,フェルマーの原理は,光は光路程が最小であるような経路を通る,すなわち,といい換えることができる。…

※「光学距離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光学距離の関連キーワードフェルマーの原理フェルマの原理プリズム双眼鏡アイコナールアイコナル幾何光学視程観測光路差視程光路

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android