コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

媒質 ばいしつmedium

翻訳|medium

7件 の用語解説(媒質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

媒質
ばいしつ
medium

物体間に働く力には,途中の空間をへだてて直接に作用する遠隔作用と,近接した空間に順次影響を及ぼして遠くに作用が伝わる近接作用がある。後者の場合,作用が伝達される物質あるいは空間を媒質という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

媒質
ばいしつ
medium

媒体ともいう。生物を取巻く外囲,すなわち環境を物質としてみたときの言葉。陸生生物では,一般に空気が媒質であり,水生生物では水が媒質である。また細胞レベルでは体液などが媒質で,媒液ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばい‐しつ【媒質】

力や波動などの物理的作用を他へ伝える仲介物となるもの。音を伝える空気、光を伝える空間など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

媒質【ばいしつ】

現代の物理学では,物体間の作用はすべて中間に存在する物質または空間を通じて順次に伝達される(近接作用)と考えるが,この物質または空間をその作用の媒質という。音の媒質は空気,電磁場や重力場の媒質は空間。
→関連項目吸収(物理)連続体(物理)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ばいしつ【媒質】

力や波動などの物理変化を伝える役割をするもの。例えば、空気中を伝わる音にとっての媒質は空気である。また、光を伝える媒質として、かつて、エーテルと呼ばれるものが仮定されたが、現在では、空間自体が光の媒質であるとされている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

媒質
ばいしつ
medium

音波は空気や水を伝わり、地震波は地殻を伝わる。波がその中を伝わっていく物質を一般に媒質という。真空中の光波については、その媒質としてエーテルetherという弾性体が仮想されたが、マイケルソン‐モーリーの実験とアインシュタイン特殊相対性理論は、光波の媒質としてのエーテルの存在を否定するものである。[飼沼芳郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の媒質の言及

【波動】より

…波動が伝わるためには,波動を伝える何かが必要である。その何かを媒質という。水面の波では水,音では空気が媒質である。…

※「媒質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

媒質の関連情報