コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免許外教科担任 メンキョガイキョウカタンニン

デジタル大辞泉の解説

めんきょがい‐きょうかたんにん〔メンキヨグワイケウクワタンニン〕【免許外教科担任】

ある教科を担当する教員がいないか不足の場合、1年間に限って他教科の教員が免許外の教科を担当すること。
[補説]免許外教科担任を行うには、教育職員免許法の規定により、都道府県教育委員会の許可を得なければならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

免許外教科担任

ある教科の教諭が免許を持たない他教科についても、授業を担当できる仕組み。期間は1年以内で、校長と教諭が教育職員免許法に基づき都道府県教委に許可を申請。文部科学省は02年の教委への通知で、教員の持ち時間数の調整などのために制度が利用されることがないよう、適正な運用を求めている。

(2006-12-03 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

免許外教科担任の関連キーワード補説

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android