コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教科 きょうか school subject

6件 の用語解説(教科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教科
きょうか
school subject

小,中,高の諸学校で,児童,生徒が学習すべき文化遺産としての知識,技能を,教育的観点から系統的に組織した一定の区分または領域。現在教科として,国語,社会,算数,理科,音楽,図画工作,家庭,体育などがあり,さらに教科と教科目が区別されることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょう‐か〔ケウクワ〕【教科】

学校教育で、児童・生徒が学習する知識や技術を系統立てて組織した一定の分野。国語・社会・算数・理科など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

教科【きょうか】

小・中・高の各学校で児童・生徒に学習させようとする文化遺産を教育目標に合わせて系統的に組織した一定の領域。もと学科とも。教科をさらに区分した領域が科目。ヨーロッパ自由七科に始まる。
→関連項目インフォーマル・エデュケーション教科書総合学習単元特別教育活動バージニア・プラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうか【教科】

小・中・高の諸学校での授業を通して子どもが学習すべき知識や技術などを,学問や文化の体系に沿って,人類の遺産の中から必要なものを選びとり,教育的に組織したものをいい,学科ともよばれる。また教科の中で,さらに区分して系統立てられた領域を科目とよぶ。教科の起源は西洋古代以来の自由七科(リベラルアーツ。文法・修辞学・論理学の三科と算術・音楽・幾何・天文学の四科による自由人の教養を示したもの)にあるといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうか【教科】

学校教育で、教育課程に基づいて体系的に組織された学習内容。また、それを区分した国語・社会・理科・算数などをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教科
きょうか

学校で児童・生徒に教授すべき教育内容のまとまり、単位をいう。英語ではsubject。現在の日本では、国語、社会、算数(数学)、理科、音楽、図画工作(美術)、家庭、体育、外国語などの「教科」がある。高等学校では、その教科をさらに細分化した単位、たとえば理科における物理、化学、生物、地学などを「科目」とよんでいる。
 教科は、科学、技術、芸術などの人類の文化遺産を、教育的観点から、学年発達を考慮して、教育内容として体系的に編成したものであるという定義もされる。しかし教科の区分や編成は、それぞれの国の学校の歴史や政治的、社会的条件を反映しており、かならずしも論理的に構成されているわけではない。[伊東亮三]

沿革

一般に、教科の起源はギリシアの自由七科(七自由科)、つまり文法、修辞学、弁証法の「三学」と、算術、音楽、幾何、天文の「四科」に求められるが、この自由七科の基礎には、読み・書き・算(スリー・アールズ3R's)があり、また体育も重要な教科と考えられた。この自由七科を基軸とする教育は、古代ローマ、中世を経て、ルネサンス期に、ギリシア語・ラテン語を基本教科とする言語・古典中心の教育に変わり、その伝統は、西欧では20世紀まで続いた。
 その後17、18世紀になり、自然科学の発達と「すべての人にすべてのことを教授する」という汎知(はんち)主義や百科全書主義の思想が現れ、自由七科、言語的教科のほかに、地理、博物、物理などが教科の列に加えられてきた。
 現代的な意味での教科は、19世紀以降の国民教育制度の発展のなかで成立する。産業革命、国民国家の成立、近代諸科学の発展に伴い、支配階層だけでなく庶民階層を含むすべての国民の子弟を対象とする学校において、国語、算術、理科、歴史が主要な教科となり、さらに公民、美術、音楽、技術なども取り入れられ、整備されてきた。[伊東亮三]
日本
大宝律令(たいほうりつりょう)によって設立された大学、国学が、中国の六芸(りくげい)(礼、楽、射、御、書、数)を範とする教科区分を採用したといわれるが、近世に入り、儒教を中心とした漢学が支配階級の主要教科であった。他方、江戸中期以降、庶民を対象とする寺子屋が繁栄し、そこでは読み・書き・そろばんが教えられた。
 明治以降の日本の近代学校制度は、近代化の進んだ欧米のそれを模範として発展した。欧米に倣った教育課程は、とくに数学、自然科学の教科において、日本の科学、技術や産業発達に貢献したが、国語、歴史など文科系教科において、修身科が中核となって国家主義的臣民教育に奉仕した。第二次世界大戦後の新教育課程においては、修身、歴史、地理、公民などを統合した社会科が中核教科となり、児童・生徒の生活経験を重視する形で、各教科の内容が構成された。[伊東亮三]
構成
教科は、小学校では、低学年において社会科と理科が生活科に統合されているように、児童の認識が未発達なため、国語、社会、理科などが合科の形で指導される場合がある。このように、小学校の低学年では教科自体の内容が未分化であるが、高学年からさらに中学校、高等学校へと進むにしたがって教科の内容が分化・専門化していくのが一般的である。その分化した内容のまとまりを、中学校では「分野」とよび、高等学校では、前述のように「科目」という。
 また教科は、分類のうえで、他の諸教科の学習の道具となる言語や数量を扱う「用具教科」(道具教科)、内容そのものの習得を直接に目的とする社会・理科などの「内容教科」、音楽・図画工作などの「表現教科」の3グループに分けられることもある。しかし、それはかならずしも教科全体を構造的にとらえているわけでもない。国語は、言語教育と文学教育の両面をもっており、用具教科にも表現教科にも入ることになる。また国語や算術・数学を用具教科とよぶことを嫌う人もいる。体育がこれらの3グループに入りきらないという不都合もある。[伊東亮三]
『木原健太郎編著『現代教科教育学大系1 教科教育の理論』(1974・第一法規出版) ▽柴田義松著『教育学大全集31 教科教育論』(1981・第一法規出版) ▽生江義男ほか編『教科教育百年史』(1985・建帛社) ▽信州大学教科教育研究会著『教科教育学の構想――学習指導を深めるために』上下(1986・明治図書出版) ▽『現代教科教育シリーズ』全12巻(1987~89・東信堂) ▽北海道教育大学教科教育学研究図書編集委員会編『教科教育学の創造――創る視点と探る視点』(1992・東京書籍) ▽真野宮雄・蛯谷米司・高萩保治編『21世紀に求められる教科教育の在り方』(1995・東洋館出版社) ▽日本教科教育学会編『新しい教育課程の創造――教科学習と総合的学習の構造化』(2001・教育出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の教科の言及

【教育課程】より

…主として学校教育についていわれるが,学校外の生涯学習でも,たとえば公民館の講座で主題を設定し,数回の講義・話合いなどについてたてられた計画の全体は,教育課程といえる。第2次大戦前は学科課程または教科課程といい,教科指導の計画のみを指すことが多かった。戦後数年間はアメリカの教育の影響を受け,〈カリキュラム〉の語がそのまま使用された。…

※「教科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

教科の関連キーワード校歌開校教務特別活動二部授業一貫教育授業研究小学校での英語学習学校の授業時数ブラジル人学校

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教科の関連情報