コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入れ目 イレメ

デジタル大辞泉の解説

いれ‐め【入れ目】

人造の眼球。義眼(ぎがん)。仮眼(かがん)。
江戸時代大坂蔵屋敷の払い下げ米を落札した者が代金といっしょに払う手数料

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いれめ【入れ目】

人工の眼球。義眼。
江戸時代、大坂の蔵屋敷で貢納米が払い下げられるとき、納札者の払う手数料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入れ目の関連キーワード人工人造義眼眼球

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android