全人民所有制工業企業法(読み)ぜんじんみんしょゆうせいこうぎょうきぎょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「全人民所有制工業企業法」の解説

全人民所有制工業企業法
ぜんじんみんしょゆうせいこうぎょうきぎょうほう

中国国営企業基本方針を明確にした法律。 1988年4月の第7期全国人民代表大会で採択されたもので,国営企業法ともいわれる。この法の冒頭には「全人民所有制工業企業は,法により,自主経営,損益自己負担,独立採算を行なう社会主義的商品生産および経済単位である」と規定されている。このほか工場長責任制の実行,企業内の党組織による一元的な指導修正が定められている。なお,この法が 88年8月1日から施行されたため,同日より企業破産法が施行されることとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android