実行(読み)じっこう

精選版 日本国語大辞典「実行」の解説

じっ‐こう ‥カウ【実行】

〘名〙
① 計画や理論などを実際に行なうこと。実地に行動すること。実施に移すこと。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「異なる哉、今の儒と称する。口虚舌を掉て、身に実行無し」 〔風俗通‐過誉其俗士大夫本矜〕
② 法律で、犯罪の構成要件の要素に該当する行為を実際に行なうこと。実行行為。
刑法(明治四〇年)(1907)四三条「犯罪の実行に著手し之を遂げざる者は其刑を減軽することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実行」の解説

じっ‐こう〔‐カウ〕【実行】

[名](スル)
実際に行うこと。「計画を実行に移す」「予定どおりに実行する」
刑法で、故意をもって犯罪を構成する要件にあたる行為を行うこと。
実践(じっせん)用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android