冒頭(読み)ぼうとう

精選版 日本国語大辞典「冒頭」の解説

ぼう‐とう【冒頭】

〘名〙
① (━する) 文章・談話の発端の言葉・文句。また、それを述べること。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「の一細事を以て後篇冒頭の第一回に添加するは」
※斜陽(1947)〈太宰治〉二「『戦争には必ず勝つ』と冒頭して」
② 物事の初め。前おき。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「いえ夫(それ)はほんの冒頭なので、本論は是からなのです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「冒頭」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「冒頭」の解説

【冒頭】ぼう(ばう)とう

文首。清・李漁〔閑情偶寄、詞曲下、格局、家門〕(われ)謂(おも)ふに、詞曲中開場の一折は、ち古頭、時破題なり。務めて開門見山(暢達明瞭)ならしむ。

字通「冒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android