冒頭(読み)ボウトウ

デジタル大辞泉の解説

文章・談話のはじめの部分。「手紙の冒頭
物事のはじめの部分。「交渉が冒頭から難航する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 文章・談話の発端の言葉・文句。また、それを述べること。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「是の一細事を以て後篇冒頭の第一回に添加するは」
※斜陽(1947)〈太宰治〉二「『戦争には必ず勝つ』と冒頭して」
② 物事の初め。前おき。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「いえ夫(それ)はほんの冒頭なので、本論は是からなのです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冒頭の関連情報