コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全天X線監視装置 ゼンテンエックスセンカンシソウチ

1件 の用語解説(全天X線監視装置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜんてんエックスせん‐かんしそうち〔‐カンシサウチ〕【全天X線監視装置】

広視野X線カメラによって全天のX線天体を監視する装置。国際宇宙ステーションISS)の日本実験棟「きぼう」の船外プラットホームに取り付けられ、活動銀河核超新星爆発ガンマ線バーストなど銀河系外での天体活動を観察する。MAXI(Monitor of All-sky X-ray Image)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全天X線監視装置の関連キーワードX線結晶学硬X線全天カメラ全微分天体写真X線天体X 線天体X 線天文学ASCAはくちょう