コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全天X線監視装置 ゼンテンエックスセンカンシソウチ

1件 の用語解説(全天X線監視装置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜんてんエックスせん‐かんしそうち〔‐カンシサウチ〕【全天X線監視装置】

広視野X線カメラによって全天のX線天体を監視する装置。国際宇宙ステーションISS)の日本実験棟「きぼう」の船外プラットホームに取り付けられ、活動銀河核超新星爆発ガンマ線バーストなど銀河系外での天体活動を観察する。MAXI(Monitor of All-sky X-ray Image)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone