コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八三郎 はちさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八三郎 はちさぶろう

?-? 江戸時代後期の漂流民。
陸奥(むつ)牡鹿郡(宮城県)石巻の若宮丸乗組員。寛政5年(1793)仙台沖で遭難しロシア領に漂着イルクーツクで神昌丸漂流民新蔵の援助をうけ,仲間の善六のすすめで民之助とともにロシアに帰化した。初三郎ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八三郎の関連キーワード山本東次郎下沢保躬兼子天聾小原蘭峡船橋晴潭植木玉厓平尾魯仙小原良直陸奥倉蔵

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android