コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善六 ぜんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善六 ぜんろく

?-1816ごろ 江戸時代後期の漂流民。
陸奥(むつ)石巻(宮城県)の若宮丸乗組員。寛政5年仙台沖で遭難し,ロシア領に漂着。イルクーツクでロシア正教に入信し,帰化。遣日使節レザノフの通訳として同行するが,帰国組の津太夫らと不和になりカムチャツカで下船。ゴローブニン幽囚事件の際,日露両国の文書翻訳にあたる。文化13年ごろ死去。ロシア名はピョートル=ステパノビッチ=キセリョフ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

善六の関連キーワード足利氏木像梟首事件付け込む・付込む染模様妹背門松是評判浮名読売小野六右衛門御神酒徳利辰蔵(2)西川吉輔鈴木善六天木時中山井崑崙八三郎民之助敵役

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善六の関連情報