八声(読み)はっせい

世界大百科事典内の八声の言及

【羯鼓】より

…唐代には盛んに用いられたが,元・明代以降はまったく衰え,現在は使われていない。日本には奈良時代に唐楽(とうがく)の楽器として伝わり,778年(宝亀9),鼓生の壬生駅麿(みぶのうまやまろ)が八声(阿礼声(あれいせい)(阿礼短声),大掲声(だいかつせい),小掲声,沙音声(しやおんせい)(沙声),璫鐺声(とうとうせい)(璫声),塩短声(えんたんせい)(塩声),泉郎声(せんろうせい)(白水郎),織錦声(しよくきんせい))という八つのリズム型を定めたという。平安時代の楽制改革で,羯鼓は唐楽の新楽専用になり,楽器の首位におかれた。…

※「八声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android