コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡町鍾乳洞 はちまんちょうしょうにゅうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡町鍾乳洞
はちまんちょうしょうにゅうどう

岐阜県中部郡上市八幡地区の北東,安久田 (あくた) 丘陵地帯にある鍾乳洞 (→石灰洞 ) 群。多くの鍾乳洞が発見されているが,特に大滝鍾乳洞は全長約 1km,種々の形をした鍾乳石群があり,最奥には高さ約 30mの滝もある。また西方 300mほどのところに縄文洞があり,縄文早期から後期の人骨,土器などが発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android