コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰洞 せっかいどう limestone cavern

4件 の用語解説(石灰洞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰洞
せっかいどう
limestone cavern

鍾乳洞ともいう。石灰岩層が,二酸化炭素を含む地下水に浸食されて生じた洞穴。成因については諸説があって,細部は不明のところが多い。石灰岩の溶解が可逆的なため,鍾乳石石筍の発生を特徴とし,奇怪な光景を示すものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっかい‐どう〔セキクワイ‐〕【石灰洞】

鍾乳洞(しょうにゅうどう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せっかいどう【石灰洞】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰洞
せっかいどう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石灰洞の言及

【カルスト地形】より

… 石灰岩地では,地表に凹地やカレンフェルトの地形が貧弱であっても,その地下には,地下水の溶食作用によって形成された洞穴をもっていることが多い。このようなカルスト地域の洞穴は一般に石灰洞というが,その洞内がしばしば鍾乳石などの石灰華の堆積によって修飾されているので,鍾乳洞とも呼ぶ。石灰洞には横穴型の水平洞と縦穴型の垂直洞の二つの主要な型と,これから派生する複雑な形の傾斜洞があり,これらが連結して,一つの洞穴系を形成している。…

【鍾乳洞】より

…地下水系の発達した石灰岩地域では,地下水の溶食作用によって大小の洞穴が生じる。これらを一般に石灰洞limestone caveというが,多くの場合,洞内は石灰華の堆積によって鍾乳石stalactiteなどが発達しているので,このような洞をとくに鍾乳洞という。しかし,実際には両者をはっきり区別しないことが多い。…

【洞窟】より

…断面が入口のところで最大となるものは,岩陰と呼んで区別している。自然の洞窟のうちで最も数が多いのは,石灰岩の中にできる石灰洞であって,鍾乳石などの二次生成物が多く見られるので,一般に鍾乳洞と呼ばれる。石灰洞は,雨水や河川水や地下水の化学的溶食作用と物理的浸食作用とが働きあい,石灰岩内部の弱い個所を除き去った結果として形成される。…

【洞窟遺跡】より

…洞窟内には,人間の生活廃棄物や自然の堆積物によって多数の層序が形成され,人為や自然による攪乱(かくらん)から比較的免れやすく,層序によって文化の新旧を編年するのに便利である。また石灰岩洞窟(石灰洞)では人骨や動物遺体,あるいは骨・牙器など腐朽しやすい有機質の遺物がよく保存されるなど,考古学上の研究にとって貴重である。 住居としての洞窟の利用は,ヨーロッパの中期旧石器時代から確認できるが,とくに後期旧石器時代に盛行し,洞窟奥は呪術的な場として,その壁面に線刻や彩色画が施されたりした(洞窟美術)。…

※「石灰洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石灰洞の関連キーワード風連鍾乳洞あぶくま洞入水鍾乳洞稲積水中鍾乳洞シュコツィアン鍾乳洞ポストイナ鍾乳洞幽玄洞ロルトゥン鍾乳洞サタプリア鍾乳洞偽鍾乳石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石灰洞の関連情報