八木岡新右衛門(読み)やぎおか しんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木岡新右衛門 やぎおか-しんえもん

1881-1930 明治-昭和時代前期の園芸技術者。
明治14年7月27日生まれ。京都府農事試験場勤務の明治38年ごろ,接ぎ木法による品種改良成功。帰郷後,茨城栗にもその技術を導入し,栽培普及につくした。昭和5年6月7日死去。50歳。東京帝大卒。著作に「実験栗の栽培」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android