八重波/八重浪(読み)ヤエナミ

デジタル大辞泉の解説

やえ‐なみ〔やへ‐〕【八重波/八重浪】

幾重にも立つ
「朝夕(あさよひ)に満ち来る潮の―になびく玉藻の節の間も惜しき命を」〈・四二一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やえ‐なみ やへ‥【八重波】

〘名〙 幾重にも立つ波。
万葉(8C後)一九・四二一一「朝暮(あさよひ)に 満ち来る潮の 八隔浪(やへなみ)に なびく玉藻の 節の間も 惜しき命を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android