コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝暮 チョウボ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぼ〔テウ‐〕【朝暮】

あさと日ぐれ。あさゆう。
(副詞的に用いて)朝から日ぐれまで。あけくれ。いつも。「朝暮努力を怠らない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうぼ【朝暮】

あさゆう。明け方と日暮れ。
あけくれ。いつも。副詞的に用いる。 「 -念頭を去らない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝暮の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥募・墓・慕・戊・拇・暮・模・母・簿・菩鴻池善右衛門(初代)田上菊舎尼安倍 能成百丈清規林泉高致菊舎尼過去帳正信偈日暮れ晨昏念頭社参旦夕口実郭熙

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝暮の関連情報