コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害罪法 コウガイザイホウ

デジタル大辞泉の解説

こうがいざい‐ほう〔‐ハフ〕【公害罪法】

《「人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律」の略称》⇒公害犯罪処罰法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公害罪法の言及

【公害犯罪】より

… 第2に,公衆の生命・身体に危険が生じた時点で,危険を発生させた行為を処罰している。1970年公布の,〈人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律〉(通称,公害罪法)がこの方法を採る。それは,故意に工場または事業場における事業活動に伴って人の健康を害する物質を排出して,公衆の生命・身体に危険を生じさせた者を,3年以下の懲役または300万円以下の罰金で処罰し(2条1項),業務上必要な注意を怠って,同様の排出をし同様の危険を生じさせた者を,2年以下の懲役・禁錮または200万円以下の罰金で処罰している(3条1項)。…

※「公害罪法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公害罪法の関連キーワード疫学的因果関係結果的加重犯立証責任

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android