コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害犯罪処罰法 コウガイハンザイショバツホウ

2件 の用語解説(公害犯罪処罰法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうがいはんざいしょばつ‐ほう〔‐ハフ〕【公害犯罪処罰法】

《「人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律」の略称》事業活動によって人の健康を害する物質を排出する行為を犯罪として罰する法律。昭和45年(1970)成立。公害罪法。→公害
[補説]過失により公害物質を排出し、公衆の生命または身体に危険を生じさせた場合は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、故意に排出し、人を死傷させた場合は、7年以下の懲役または500万円以下の罰金に処される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公害犯罪処罰法
こうがいはんざいしょばつほう

水俣(みなまた)病など犯罪的ともいわれた公害事件に、従来の刑法が十分に働かなかったことから、新たに、事業活動に伴って人の健康に影響を与える公害を生じさせる行為などを処罰することにより、人の健康に係る公害の防止に資することを目的として1970年に制定された法律。正しくは「人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律」という。昭和45年法律第142号。同法は、故意犯については3年以下の懲役または300万円以下の罰金(人を死傷させた場合には7年以下の懲役または500万円以下の罰金)、過失犯には2年以下の懲役あるいは禁錮または200万円以下の罰金(人を死傷させた場合には5年以下の懲役あるいは禁錮または300万円以下の罰金)を規定し、このほか、法人または法人の代表者等の両方を罰するものとする両罰規定および因果関係の推定規定を置いている。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公害犯罪処罰法の関連キーワード公害罪児童買春・児童ポルノ処罰法組織犯罪処罰法きょうの健康欧州枢軸諸国の主要戦争犯罪人の訴追の処罰に関する協定公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法航空機の強取等の処罰に関する法律航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律人質による強要行為等の処罰に関する法律人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公害犯罪処罰法の関連情報