コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六ヵ国借款団 ろっかこくしゃっかんだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六ヵ国借款団
ろっかこくしゃっかんだん

対中国借款を目的とする国際的銀行団。 1909年,湖広鉄道建設のため清国政府とイギリスドイツフランス3国の銀行団との間に結ばれた借款契約は,その後アメリカの加入をみて対清4ヵ国借款団となり,辛亥革命により袁世凱が政権を掌握するに伴い,日露両国もまた,満蒙権益を借款の対象外とすることを条件に加入,12年6月 18日日本,アメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,ロシアの6ヵ国銀行団間の協定が調印された。しかしアメリカの新大統領 W.ウィルソンは借款団の行過ぎを指摘して脱退,6ヵ国借款団は5ヵ国借款団となった。日本からは横浜正金銀行が参加した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報