コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六ヵ国借款団 ろっかこくしゃっかんだん

1件 の用語解説(六ヵ国借款団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六ヵ国借款団
ろっかこくしゃっかんだん

対中国借款を目的とする国際的銀行団。 1909年,湖広鉄道建設のため清国政府とイギリスドイツフランス3国の銀行団との間に結ばれた借款契約は,その後アメリカの加入をみて対清4ヵ国借款団となり,辛亥革命により袁世凱が政権を掌握するに伴い,日露両国もまた,満蒙権益を借款の対象外とすることを条件に加入,12年6月 18日日本,アメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,ロシアの6ヵ国銀行団間の協定が調印された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六ヵ国借款団の関連キーワードIOSCO私法統一国際協会勝田主計ロータリークラブIAAICSIDIUPAPアセアナポール交通銀行国際カヌー連盟

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone