加入(読み)かにゅう

精選版 日本国語大辞典「加入」の解説

か‐にゅう ‥ニフ【加入】

〘名〙
① 団体、組織などにはいること。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「此節ア、政党へ加入(カニフ)する事が流行だネ」
② 付け加えること。含めること。
※金色青春譜(1936)〈獅子文六〉ガッチリ「それは天引三割に手数料、今日の汽車賃日当を加入(カニフ)してあります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「加入」の解説

か‐にゅう〔‐ニフ〕【加入】

[名](スル)団体や組織などの仲間に加わること。「国連加入する」「保険に加入する」
[類語]出席列席臨席顔出し参列参会出場出頭臨場親臨出御列座同席陪席相席同座お出まし加盟仲間入り参加参入参画参与入会飛び入り飛び込み出る加わる名を連ねる列する連なる末席を汚す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android