コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼家 かねいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼家 かねいえ

?-? 室町時代の刀工。
美濃(みの)(岐阜県)関の人。応永(1394-1428)のころに製作した。兼吉門人,あるいは兼長の弟ともいう。通称は二郎三郎。号は明阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

兼家の関連キーワード保子内親王迫む・逼む化粧・仮粧藤原道綱母東三条院寛和の変元服劣り蜻蛉日記藤原兼通藤原道兼花山天皇藤原超子藤原道長藤原道信室町時代藤原兼家藤原師輔藤原道隆東三条殿一条天皇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼家の関連情報