コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼家 かねいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼家 かねいえ

?-? 室町時代の刀工。
美濃(みの)(岐阜県)関の人。応永(1394-1428)のころに製作した。兼吉門人,あるいは兼長の弟ともいう。通称は二郎三郎。号は明阿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兼家の関連キーワード迫む・逼む保子内親王化粧・仮粧藤原道綱母藤原兼家藤原超子藤原道長藤原兼通東三条院蜻蛉日記花山天皇藤原道信寛和の変藤原師輔元服劣り一条天皇藤原道兼室町時代藤原道隆東三条殿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼家の関連情報