コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内因子

2件 の用語解説(内因子の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

内因子

 キャッスル因子キャッスル内因子ともいう.胃から分泌される糖タンパク質で,ビタミンB12と結合して腸でのビタミンの吸収を促進する機能がある.ビタミンB12は外因子とよばれる.内因子の合成不良は悪性貧血を起こす.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の内因子の言及

【胃】より

…また胃内面表層の上皮からは粘液が,幽門前庭部からは炭酸水素塩(重炭酸塩)が分泌され,消化液が胃粘膜自体を消化することを防御している(これを胃粘膜防御機構という)。さらにビタミンB12の吸収を助けて貧血の予防に役だつ内因子や胃の運動と胃液分泌を刺激し,間接的に膵液の分泌をも刺激して,消化に密接に関与しているガストリンも分泌される。このように,主としてガストリンを介して胃と膵臓が相互にコントロールしあっている現象は胃膵相関ともいわれ,上部消化管の機能調整の主要な役割を果たしている。…

※「内因子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内因子の関連情報