コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内花被 ナイカヒ

世界大百科事典内の内花被の言及

【花】より

…花は外側から萼片の集まった,花弁の集まった花冠,有性生殖に直接関係しているおしべめしべ,さらにこれらがついている花托receptacleからなっている(図1)。萼と花冠は花被perianthと総称され,チューリップのように,両者の間に形態学的違いがない場合には,萼は外花被,花冠は内花被と呼ぶ。萼は若い時期にはしっかり閉じ合わさって,その内側の部分を保護している。…

※「内花被」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内花被の関連キーワードムラサキツユクサ(紫露草)ムラサキオモト(紫万年青)ノハナショウブ(野花菖蒲)ヒオウギアヤメ(桧扇菖蒲)オニノヤガラ(鬼の矢柄)キヌガサソウ(衣笠草)サジオモダカ(匙面高)エンレイソウ(延齢草)キショウブ(黄菖蒲)クルマバツクバネソウジャーマンアイリスタヌキノショクダイヒナノシャクジョウロウバイ(蠟梅)カキラン(柿蘭)クロモ(黒藻)エビネ(蝦根)ヒオウギアヤメロドヒポクシスシャガ(射干)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android