コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内転筋 ナイテンキン

デジタル大辞泉の解説

ないてん‐きん【内転筋】

四肢や指などを体の正中線に近付ける働きをする筋肉大胸筋・大内転筋・拇指内転筋など。→外転筋

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ないてんきん【内転筋】

骨格筋の一。身体の中心軸に四肢や指などを近づける働きをする筋肉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

内転筋の関連キーワードステファン ランビエール柱状大腿骨骨化性筋炎拮抗筋骨格筋四肢あし

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内転筋の関連情報