正中線(読み)セイチュウセン

大辞林 第三版の解説

せいちゅうせん【正中線】

生物体の前面・背面の中央を、頭頂から縦にまっすぐ通る線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいちゅう‐せん【正中線】

〘名〙 生物体の前・背面の中央を縦にまっすぐ通る線。
※育児読本(1931)〈田村均〉六〇「顔の正中線(セイチウセン)が凸面を上方に向けた曲線を描いて来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正中線の言及

【開腹】より

…代表的なものを以下にあげる。
[正中切開]
 体の正中線に沿った縦の切開で,切開の基本である。みぞおちから臍(へそ)を迂回して,恥骨上部まで,全腹部にわたる切開が可能。…

※「正中線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android