四肢(読み)しし

百科事典マイペディア「四肢」の解説

四肢【しし】

脊椎動物の両生類,爬虫(はちゅう)類,哺乳(ほにゅう)類の前と後肢の総称。魚類の対鰭から進化したと考えられ,前肢は胸鰭,後肢は腹鰭と相同。鳥類の前肢は翼に変化し,後肢を単に肢と呼ぶ。哺乳類の四肢や鳥類の肢は生活様式に応じて種々の進化を示す。ヘビ類などでは退化。
→関連項目あし(肢/脚/足)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「四肢」の解説

よつ‐えだ【四肢】

〘名〙 =しし(四肢)〔運歩色葉(1548)〕
雑兵物語(1683頃)下「此馬も番町の払馬だによって、四つ支のをきりはなされたところで」

よ‐ふし【四肢】

〘名〙 両手と両足。手足しし
※俳諧・犬子集(1633)六「よふしをやなよ竹となす今朝の雪〈氏重〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四肢」の解説

し‐し【四肢】

脊椎動物の二対のあし。前足と後ろ足
人間の両手と両足。「すらりとした四肢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「四肢」の解説

【四肢】しし

手足。〔韓詩外伝、二〕((ふく))子賤~。鳴琴を彈き、身、堂を下らずして單(ぜんぽ)治まる。~人、子賤を謂ふ。則ち君子なり。四肢を佚し、耳目うし、心氣をらかにして、百官理(をさ)まると。

字通「四」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の四肢の言及

【手】より

…人体を大きく区分すると,〈体幹〉と〈体肢〉になる。体肢はまた四肢ともいい,上肢upper limbと下肢lower limbに分けられる。動物でいえば前肢と後肢である。…

※「四肢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android