コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外転筋 ガイテンキン

デジタル大辞泉の解説

がいてん‐きん〔グワイテン‐〕【外転筋】

四肢や指などを体の正中線から遠ざける働きをする筋肉三角筋・中殿筋・母趾外転筋など。→内転筋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいてんきん【外転筋】

骨格筋の一つ。身体の中心軸から四肢指などを遠ざける働きをする筋肉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

外転筋の関連キーワードセーモン‐ローゼンバッハの法則糖尿病骨格筋腱鞘炎拮抗筋走る

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android