コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部牽制 ないぶけんせい

3件 の用語解説(内部牽制の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ないぶけんせい【内部牽制】

会計事務や事務一般の不正・誤りを会社内部で防止するために、記帳を二人以上の係員に分担させたり、現金の出納、保管と記帳とを別にしたりすること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

内部牽制

適切な業務分掌により、社内の不正や誤謬を未然に防止し、また事後も速やかに発見できる会社内部の体制のこと。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

内部牽制

適切な業務分掌により、 企業などで不正・誤謬を事前に防ぐための会社内部の体制のこと。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内部牽制の関連キーワード行政規則誤謬黒い霧掌にする分掌社内振替価格職務分掌業務分掌フタバ産業の不祥事ネットアンパイア

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone