未然(読み)ミゼン

デジタル大辞泉「未然」の解説

み‐ぜん【未然】

まだそういないこと。まだそのことが起こないこと。「事未然に防ぐ」
未然形」の略。
[類語]いまだいまだに今もって今なおなおなおも依然未発相変わらず矢張りやっぱりなおかつまだまだいまだ嘗てつい・今のところ・今に至るも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「未然」の解説

【未然】みぜん

事の起こる前。〔史記、太史公自序〕故に春秋なるは、禮義の大宗なり。夫(そ)禮はだ然らざるのに禁じ、法は已に然るの後に施す。法のを爲すは見易きも、禮の禁を爲すは知りし。

字通「未」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android