不正(読み)フセイ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐せい【不正】

[名・形動]正しくないこと。また、その行為や、そのさま。「不正をはたらく」「不正取引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふせい【不正】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
正しくないこと。正当でないこと。また、そのさま。 「 -を働く」 「 -な行為」 「 -乗車」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐しょう ‥シャウ【不正】

〘名〙 (形動)
※神皇正統記(1339‐43)上「大方天地の間ありとある人、陰陽の気をうけたり、不正にしてはたつべからず」
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一〇「髁は不正にして不定の㒵也」
③ 不吉であること。不祥。
※俳諧・折つつじ(1772)烏之賦「啼時は人不正の気を抱て、かならず凶事をひいて愁を向ふ」

ふ‐せい【不正】

〘名〙 (形動)
① 正しくないこと。正当でないこと。正義でないこと。また、その行ないやさま。よこしま。ふしょう。「不正を働く」「不正入札」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「門閥専制の政を不正なりとて」
② きちんとしていないこと。ふぞろいであること。形などがゆがんでいること。また、そのさま。不整。ふしょう。
※吃逆(1912)〈森鴎外〉「屋根と物干台とに限られた、薄曇の空が trapèze のやうな不正な形になって見える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不正の関連情報