体制(読み)たいせい(英語表記)régime[フランス]

精選版 日本国語大辞典 「体制」の意味・読み・例文・類語

たい‐せい【体制】

〘名〙
① (「体製」とも) 詩文の様式。詩文の体裁。
史記抄(1477)三「左伝も帝王年代をこそ編したれ。何書でまれ、史記よりさきに此体制にしたはないぞ」
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉学校、えせ詩人、露肆「字法句法の軽捷なる、体制音調の流麗なる」 〔詩経疏‐周頌譜〕
② 物の組み立てられた状態。かたち。さま。なり。すがた。体裁(ていさい)。体状。
※新聞雑誌‐四〇号附録・明治五年(1872)四月「而建国の規模体制大且善なるを知るなり」
③ 生物体の構造の基本形式。器官の配置様式、体の各部の分化状態、および相称などが主となる。〔訳書字類(1868)〕
④ 哲学で、各部分が目的に合うように有機的に連絡・統一された全体をいう。〔哲学字彙(1881)〕
⑤ 社会、政治や団体などの組織のしくみやなり立ち。また、ある一定の原理に基づく秩序。
※日本資本主義現段階の矛盾と恐慌(1930)〈野呂栄太郎〉「全資本主義体制の一切の矛盾の急速なる尖鋭化」
⑥ 権力を持って、社会や政治を動かしている既存の秩序。また、その秩序を握る支配的勢力。「反体制
真空地帯(1952)〈野間宏〉四「ファシスト体制を顛覆させる一切の法律的政治的権限を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「体制」の意味・読み・例文・類語

たい‐せい【体制】

各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態。「経営の体制を立て直す」
社会が一定の原理によって組織だてられている状態。政治支配の形式。社会の仕組み。「資本主義体制」「幕藩体制
その時代の社会を支配する権力。「体制側」「反体制運動」
詩文の形式・体裁。
「字法句法の軽捷なる、―音調の流麗なる」〈鴎外訳・即興詩人
生物体の諸器官の配置や分化の状態などの、構造上の基本形式。ボディープラン
[類語]組織体系構造制度造り組み立て骨組み仕組み成り立ち構成編成組成機構機序機制結構コンストラクションシステムメカニズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「体制」の意味・わかりやすい解説

体制 (たいせい)
régime[フランス]

一定の地域や社会ないし組織において,行為者が長期にわたって従っている原則や規範,また行動のルールや政策決定の手続の総体をいう。体制は次の三つの側面からなっている。(1)あるシステムにおける権力の編成や配分を表示する役割の体系,すなわち権威(政府)を構成する役割構造である。(2)権力の使用に関する安定した期待や規範,すなわちシステムにおいて資源を配分し紛争を調整していくための規範ないし規則の体系である。(3)現実にシステムを動かしている価値,それに状況解釈や過去,未来の正当化などの準拠枠組みとなるイデオロギー,すなわち原理や目標からなる価値の体系である。こうした権威の構造,制度規範,体制原理の総体的表現たる体制の典型として,近代日本の天皇制が想起されよう。一般に,支配される側において体制というものが強烈に意識される状況は,思想・行動・表現の自由が抑圧され,弾圧や恐怖が構造的に存在し,それに対する抵抗が組織されつつあるときである。逆に,支配する側が自己の体制を自覚的に認識し守護するのは,反体制の動きが表面化しそれに対抗しようとする局面においてである。

 体制の概念は近代市民社会の出現とともに,従来の政治権力の静態的な秩序論(政体論)を超えたより包括的な概念へと拡張されてきた。フランス革命を導いた変革的歴史意識は,それまでの封建的な,政治的・経済的また社会的・文化的な諸制度や諸関係を,旧体制アンシャン・レジーム)と一括して打倒対象とみなすことによって,これに代わる新体制や未来体制の構想を生みだした。歴史的社会体制としての体制認識は,さらにマルクスによって明確な概念規定を与えられた。マルクスは資本主義社会の体制的特徴を,特定人間による生産手段の私有と,労働力を商品として売る無産労働者の存在としてとらえた。そして,この資本主義経済体制に代えて,人間の疎外状態を止揚し類的人間の全体性を回復する未来体制の原理である社会主義(共産主義)を構想した。もとより,その社会主義の体制原理は,20世紀の現存社会主義体制においてけっして十分には実現されてはいない。

 アメリカの政治学者ダールRobert A.Dahlは,民主化の二つの理論的次元として,選挙に参加し公職につく権利(参加・包括性),公的に異議を申し立て競争する自由(自由化・異議申立て)を設定し,その保障や制度化の大小の度合の組合せで,閉鎖的抑圧体制,包括的抑圧体制,競争的寡頭制,包括性と自由化が十分に保障されている高度に民主化された政治体制(ポリアーキーpolyarchy)の四つの理念型的な政治体制を提示し,その移行や変動の条件を探究している。民主主義体制とは参加=包括性と自由化=異議申立ての二大要件を相当程度満たしている政治体制である,とすれば,その下位類型として英米型デモクラシー,北欧型のネオ・コーポラティズムオランダベルギーオーストリアなどの多極共存型consociational democracyが列挙されよう。他方,こうした要件をあまり満たしていない政治体制が非民主主義体制であり,その代表的な類型として全体主義体制や権威主義体制が着目される。この下位類型として,伝統主義的な専制や寡頭制とは明瞭に異なった開発独裁がある。ラテン・アメリカやアジア・アフリカなどの,世界システムにおける準周辺的な地域によく見いだされる体制である。そこでは,共同体の全体的知恵よりも顧問や専門官僚,軍人の能力に依存し,参加よりむしろ動員と事件画策の技術に習熟している指導者層が,ナショナリズム反共主義を体制イデオロギーに掲げて,一方で抑圧機構を強化しつつ,他方で伝統的な権威パターンを崩しつつ近代化や経済成長を達成しようと志向する。しかし,開発独裁は経済成長に奏功しても,その反面で貧富差の増大や対外債務の累積に苦しみ,政治的不安定を潜在させることが多い。
制度 →比較経済体制論
執筆者:

体制 (たいせい)
body plan
organization

生物体の構造の基本的,一般的な形式のこと。生物体の構造には,系統分岐とともに生じた千態万様の多様性がある。それらの解析に基づいて生物界はまず菌,植物,動物の3界に分けられる。次にそれぞれの群をやや小さい群(門)に分け,さらにその各群をもっと小さい群(綱,目など)に順次に分けることができる。このようにして生物の種はピラミッド状の体系つまり分類体系に整理される。分類学はこうした解析の作業を中心として成り立っているが,ここで第1に着目されるのが種々の段階にある体制である。一例をあげると,骨性または軟骨性の中軸骨格を備える動物の群が脊椎動物門であるが,脊椎動物の最も基本的な体制は,これのほかに左右相称性,頭・胴・尾の分化,中枢神経と末梢神経からなる集中神経系,真体腔,中軸骨格つまり脊柱の背側に脊髄,腹側に大動脈と内臓をもつこと,心臓を中心とする閉鎖血管系などをセットとして備えていることである。脊椎動物は数個の綱に分類されるが,その際にはより高次の体制が問題となる。すなわち,まず顎骨をもたないもの(無顎類)ともつもの(顎口類)の二大区分である。さらに顎口類は2対のひれをもつもの(魚類)と2対の足をもつもの(四足動物)に分けられ,それぞれがまた順次に細分される。このように,体制には質的に異なる低次のものから高次のものまでが区別され,それらが門,綱,目のレベルの基本的分類に対応する。そして目の分類群はついに同一の体制をもつもののグループとなり,それ以上,つまり科,種,亜種などのレベルでの分類は,体制の相違というより構造の主として量的な差異に対応する。もっとも,一つの門の中での体制の相違は,進化的にみれば,系統分岐に起因する構造の量的な差が質的な差に転化したものである。それに対し,門と門の間(例えば脊椎動物と脊索動物)では系統発生的関係が不明で,体制相互を結びつけることが困難または不可能であることが多い。植物についても基本的に同じことがいえるが,動物に関しては,18世紀末以来発達した比較解剖学において,体制の解析は器官の相同性の追究と一体をなすものであり,進化論が現れる前はいわゆる〈原型〉を探究するうえで中心課題の一つであった。
相称 →体腔 →体節
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

普及版 字通 「体制」の読み・字形・画数・意味

【体制】たいせい

詩文の構成。魏・康〔琴の賦の序〕、歌の象、世の才士、竝びに之れが賦を爲(つく)る。其の體制風、相ひ(つ)がざる(な)し。

字通「体」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

百科事典マイペディア 「体制」の意味・わかりやすい解説

体制【たいせい】

社会制度を全体として構造的にとらえ,統一的に解釈するときにいう。旧体制(アンシャン・レジーム)・新体制,封建体制・資本主義体制・社会主義体制,独裁主義体制・民主主義体制あるいは天皇制などのように用いる。とくに政治権力を中心とする複合体としてみる場合に用いることが多い。支配者は体制のわく内で権力を握り体制維持を図るが,この状態を否定しようとする動きがいわゆる反体制運動である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android