コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再転 サイテン

デジタル大辞泉の解説

さい‐てん【再転】

[名](スル)一度変わった事の成り行きが、また変わること。「再転三転した結果」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいてん【再転】

( 名 ) スル
なりゆきがふたたび変わること。 「状況が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

再転の関連キーワードウォーレス(Henry Agard Wallace)ウランの転換工場と再転換工場鳥羽屋里長(1世)既得権益批判の政治ケンブリッジ論争サンテティエンヌホルヘ アルセ相対的過剰人口核燃料サイクルウラン加工施設Jターン転職資本集約度菊仲 米秋資本蓄積齊藤明雄ドコモ光黄文本実米中関係国籍条項産業資本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android