冬扇夏炉(読み)トウセンカロ

精選版 日本国語大辞典の解説

とうせん‐かろ【冬扇夏炉】

〘名〙 (「論衡‐逢遇」の「作益之能、納補之説、以夏進炉、以冬奏扇」による語で、冬の扇と夏の炉の意から) 時勢に適さず役にたたないもの。無用の物事のたとえ。夏炉冬扇。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる