コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷(や)し ヒヤシ

デジタル大辞泉の解説

ひやし【冷(や)し】

冷やすこと。また、冷やしたもの。「冷やしそば」「冷やしトマト」
冷たい水。
「主が、熱いほどにお―を入れよというたを」〈虎明狂・お冷し〉
ひやかすこと。からかうこと。
「かかる調法なる事を人にさするは、惜しきとの心にて、御―あるかと」〈難波物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

冷(や)しの関連キーワードフッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)硫化ヒ素(硫化砒素)焼きなまし(焼鈍し)亜リン酸(亜燐酸)甲張り声・癇張り声いりこ(煎海鼠)過酸化ナトリウムクーリングタワーハイアロクラストルーイーチュワンアモルファス金属エジプト・ガラスインパクタイトアゾイック染料マルテンサイトステンレス鋼工業ガラスマンガン鋼アランダム液体急冷法

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android