コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷(や)し ヒヤシ

デジタル大辞泉の解説

ひやし【冷(や)し】

冷やすこと。また、冷やしたもの。「冷やしそば」「冷やしトマト」
冷たい水。
「主が、熱いほどにお―を入れよというたを」〈虎明狂・お冷し〉
ひやかすこと。からかうこと。
「かかる調法なる事を人にさするは、惜しきとの心にて、御―あるかと」〈難波物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

冷(や)しの関連キーワードフッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)硫化ヒ素(硫化砒素)焼きなまし(焼鈍し)亜リン酸(亜燐酸)甲張り声・癇張り声ハイアロクラストいりこ(煎海鼠)クーリングタワーエジプト・ガラスアモルファス金属過酸化ナトリウムルーイーチュワンマルテンサイトアゾイック染料インパクタイトステンレス鋼ゴム状硫黄液体急冷法アランダム工業ガラス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android