コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷却鰭 レイキャクヒレ

デジタル大辞泉の解説

れいきゃく‐ひれ【冷却×鰭】

表面積を大きくして大気中への放熱量を増し、冷却効果を大にするひれ状の突起物。熱伝導率の高い材料を用い、空冷式エンジンの冷却、ラジエーターなどに使用する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいきゃくひれ【冷却鰭】

表面積を大きくして冷却効果をよくするために設けるひれ状の突起。空冷式エンジン・ラジエーター・コンプレッサーなどにつける。フィン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

冷却鰭の関連キーワード空冷式エンジン空冷式機関フィン表面積

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android